YSS ワイエスエス リアサスペンション SPORTS LINE リアツインショック 【Sシリーズ】 S362 スプリングカラー:レッド ボディカラー:ブラック CB1100


 >  > YSS ワイエスエス リアサスペンション SPORTS LINE リアツインショック 【Sシリーズ】 S362 スプリングカラー:レッド ボディカラー:ブラック CB1100
265/70R16 BRIDGESTONE ブリヂストン BLIZZAK DM-V2 ブリザック DMV2 DEAN CALIFORNIA ディーン カリフォルニア スタッドレスタイヤホイール4本セット

— ひとりの事業家の足跡 —

225/50R18 95W BRIDGESTONE ブリヂストン ECOPIA NH100RV エコピア NH100RV VERTEC ONE Eins.1 ヴァーテック ワン アインス ワン サマータイヤホイール4本セット

To make the best use of every time.

Home > 自然が活きる

【Sシリーズ】 YSS LINE YSS CB1100 リアツインショック S362 スプリングカラー:レッド リアサスペンション LINE SPORTS ボディカラー:ブラック ワイエスエス

YSS Mercedes-Benz/メルセデスベンツ ワイエスエス リアサスペンション SPORTS LINE 225/55R18 リアツインショック 【Sシリーズ】 S362 スプリングカラー:レッド ボディカラー:ブラック CB1100

ハワイ島の海を潜る

今年は何かと多忙にしていて、結局未だ海に潜れていません。
海中景色が恋しくなったので、昨年ハワイ島のケアラケクア湾を潜ったときの様子を書くことにします。




ケアラケクア湾は、南コナのカイルア・ビレッジ(カイルア・コナ)から約19 ㎞南にある美しい湾です。あのキャプテン・クックが西洋人として初めてビッグ・アイランド(ハワイ島)に上陸した歴史ある場所でもあります。

このエリアは海洋保護区域に指定されており、透明度ではハワイ諸島の中でも1、2を争うとか。
保護区なので個人が安易に近づくわけにはいかず、地元のクルーズ会社の企画に乗ることにしました。

そんなケアラケクアで実際に潜ってみての所感としては バーンブレッヘン Audi A4 B7 Siライン 4点キット、亜熱帯気候で珊瑚礁の地形にしては、魚類の種類が少ない印象。比較的見慣れた黄色いチョウチョウウオの仲間やハギの仲間がほとんどで、体が非常に鮮やかな固有種といったものには出会うことはできませんでした。


それでも、透明度やコンディションもそう悪くない環境の中で潜ることができたので、そのときのショットを何枚か紹介します。








後で調べたところでは、1枚目の写真は、おそらくニザダイ科のモンツキハギ〔Orangeband Surgeonfish〕とキイロハギ〔Yellow Tang〕 【送料無料 N-BOX タントカスタム ワゴンR】 165/55R15 15インチ LEHRMEISTER ブルネッロ(ホワイト/リムポリッシュ) 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】、2枚目の写真の鮮やかな赤色はいったい何者なのか不明です。


それから、こちらは動画です。
(クリックするとしばらくしてスタートします)










                      *       *       *

潜っていてなんとなく感じたのは、このハワイの海でもサンゴの白化現象が進んでいるのではないかということでした。

白化現象とは造礁サンゴから褐虫藻(サンゴと共生している光合成生物、単細胞藻類)が抜け出てしまう現象で、褐虫藻がいなくなった造礁サンゴは、エネルギーの供給源が絶たれることで白色になり死んでしまいます。原因は、海水温の上昇が主なものであると考えられています。

ここのところ、ヨーロッパをはじめ世界各地で、干ばつや真夏の大雪、豪雨といった異常気象が続いていますが、その原因は海水温の上昇による偏西風の乱れだとも言われています。それだけ、熱容量が大きい海の影響力は強大なのだと思い知らされます。


以前、沖縄の石垣島で白保の海に潜った時にも、アオサンゴに起こる同じような現象を目の当たりにしましたが、改めてハワイの地でも同じような景色を見ると、とても複雑な気持ちになります。

海中景色を愛するいちダイバーとしては、
この美しい景色がいつまでも見られる地球であってほしいと願うばかりです。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-21581