>  > カズクリエイション atlash 5.5Jフェンダー バモス 前期用
147 アリスト LSD【クスコ】アリスト JZS147 AT LSD リア 標準デフ:オープンデフ Type MZ 1.5WAY KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23A サマータイヤ 225/60R16 BBS GERMANY BBS SR ホイールセット 4本 16インチ 16 X 7(AO) +48 5穴 112

トップページ>お金の歴史>日本のお金の歴史>江戸時代の貨幣改鋳

カズクリエイション atlash 5.5Jフェンダー バモス 前期用

江戸時代、金貨には一両」という額面価値が付与されていましたが、実際には江戸時代の中期までは含有される金の量によって金の価値が上下していました。そのため、質の悪い金貨と銀貨を交換する際には、増歩と呼ばれるプレミアムが付加されている場合もありました。つまり、秤量貨幣として利用されていたのです。しかし幕府は金の不足のため、若しくは財源を補うために金の質を落としたり上げたりしました。これを改鋳(かいちゅう)といいます。

前期用 5.5Jフェンダー 前期用 atlash atlash カズクリエイション バモス

江戸時代には8回にわたって改鋳が行われました。本稿では、その個々の事例を紹介します。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-28583